テントについて







 最初の頃は、テントの機能などまったくわからないものだから、型遅れのどうでもよいような安物テントを使用していた。

 安いテントは、やっぱり素材などがよくないせいかワンシーズンを過ぎると当然雨漏りし始める。
   今思うと恥ずかしいことなのだが、ドカシーをぐるぐるテントに巻いて雨を凌いだ。流石に100パー防水だけど、これではキャンパーとしての矜持がなさすぎるだろう。

 後年、ある程度山行に関わるようになり、防水や軽量の重要性をようやく認識するようになった。
 それで、現在所有する主力テントは4つ(フレームなしのカヤライズを加えると5つ)だ。

 用途によって使いわけしているので、テントの痛みも少ないと思われる。もちろん高性能テントだ。雨漏りするようなテントなどは所有してない。  
 スノピのトレイルトリッパー2は、前室が広くて機能的なツーリングテントなのだが、欠点は重い。とにかくやる気がなくなるくらい重い。ソロでロンツーするには不向きだと思った。

 この重量(4キロ超)でソロツーしながら連日設営・撤収していくのはかなり無理がある。夫婦など2人で使用するぐらいなら丁度よい。
 
   それを考えると3人用の広いツーリングテントにもかかわらず、DUNLOPのR335は比較的軽量でよい。数人の登山でも使用した実績がある。でも前室が狭いのが玉に瑕だ。小型タープでカバーすればよい話だけど。

 ちなみに手前に立っているタープはMSRビスタである。
 いずれにせよ一長一短あるが、真夏に限定すれば、アライのカヤライズが過ごしやすかった。小型のタープで覆うとさらに涼しいし、遮蔽物となる。

 またエアライズのフレームやフライもそのまま使えるので嬉しい。
 
   そのエアライズは、裏山からヒマラヤまでといわれるだけあって、オールシーズンの万能型だろう。オプションも豊富だし。広い全室のオプションフライも所有しているが、夏は灼熱地獄と化す。
 知床岬縦走の為に購入したトレックライズ0の超軽量(1.27キロ)は、こと担いで歩く分に関しては文句なしである。   
 テン泊を伴う山行の場合は、現在もこのテントを使用することが多い(雪上幕営時はエアライズにする)

 山用のテントはどうしても担いで歩くのが目的になる。したがって最低限の機能のみに限定され、居住性がイマイチかなと。ツーリング用だと出入り口が2か所の場合が多いので通気性が良くなり、夏季は過ごしやすい。さらにドーム型だと比較的軽量で設営が容易だ。
安テント  ホムセン等で数千円で売っている。そんなに軽くない。ワンシーズン過ぎると雨漏りしてくる。 
ツーリングテント 高価。テープ式。設営やや面倒。前室広々、テント生活は非常に快適。ただ持ち運びが重くて苦痛になった。ベースキャンプ向き?
ツーリングテント 値段ピンキリ。ドーム型。軽量のわりに内部広い。設営撤収容易。前室が狭いこともある。
山用テント  高価。軽量コンパクトが最優先。出入り口が1か所で通気が悪いことが多い。アライ・エアライズのオプション、カヤライズは猛暑に最適。




    HOME