○「永久ライダーの軌跡」著者
 北野一機(キタノイッキ)と申します。永久ライダー宣言者。限定的にゴロウさんというニックネームもあり。鳶色の瞳を持つ男。強制されることが好きではない。シャイな性格なもので、どこかで見かけてもそっとしておいてくださるとありがたいです。

 1999年夏の北海道ツーリングの記録をHPに残そうと思ったのがきっかけで立ち上げたのが、当旅系サイトです。以来、ほとんど惰性で毎年のように北海道ツーリングの記録を掲載するようになった。

○愛機・バイク歴など
 ゼファー1100、カブ90。1981年教習所で中免取得。1986年、試験場にて一発試験の限定解除に成功。旅人集団「永久塾」主宰。さらにEOC(エロ・オヤジ・キャンプ)の首謀者・・・もっ、もとい硬派な”永久ライダー・オフ・キャンプ”を主宰。

○北野一機とは?

 196×年、福島県会津若松市生まれ。K大卒。大学卒業後は福島県内に戻るも仕事の都合で各地を転々とする。職業、貧乏侍。現在、福島市在住。根っからの旅系ライダー。若い頃から基本的に群れない自由な1人旅を楽しんでいる。近頃、とても多忙になり、なかなかキャンプツーリングに出れない。

 1987年に北海道ツーリングを決行して以来、北の大地へ異様ともいえる愛着をもつようになった。つまり不治の病”北海道病”の直撃を受ける。

 昔、北の旅の途中で、実際に起きたとある事件にて、咄嗟にとった筆者の行動にすっかり感動した若いライダーから、北のヨッパライ、もといっ、”北のサムライ”という異名を命名された。事件の詳細については、本編のどこかに掲載されているので、興味のある方はご覧ください。以前は、心気力が横溢して、かなり無謀なこともしていたけど、流石に昨今はいろいろな面で衰えてきた。つまり老いぼれてきたと思う。

 野営の奔放なひとり旅をこよなく愛す反面、キャンプ会でただのヨッパライに、ヨッパライダーに変身することもあった。

 良くも悪くも大雑把。特に何かに優れているわけでもなく、人に自慢できることもない盆人です。浪花節に弱く、単純で涙もろい。そして人に裏切られる出来事も多かった。感情量が無駄に多いような気もする。それでも筆者は一本筋の通った信義ある男でありたいと思う。あまりにもまっすぐな眼をした男、これ以上、自分で言うな。

 直球の自分と正反対のやたら策を弄するような野郎は大嫌いだ。ネットの匿名性を悪用したり、しつこくつきまとうような行為をする輩とは関わりたくない。たいしたつき合いもないのにネット上だけで異様に馴れ馴れしかったり、小馬鹿にするような無礼者がどうにも受け入れられない。筆者の照準はネットではなく、飽くまでリアル(現実の旅)としている。

 既婚。

○武道
 柔道参段。空手道弐段。空手とか武道を夢中になって修行していた頃もあったけれども30代半ばで大怪我をして引退する。

○アウトドア
 キャンプツーリング。トレッキング・登山。スキー。世界一のヒグマの密集地帯、道なき道を2泊3日かけて、シリエトク(知床岬)までの縦走に成功したのが、筆者の最大のチャレンジだったと現在も思う。

○好きなタイプ
 斉藤由貴

○趣味
 日本史研究。読書人。銀幕も好き。ぞんがい文系の一面あり。ラーメンとか食べ歩くのも楽しみ。和式ナイフ(狩猟刀・剣鉈・渓流刀)の観賞・収集も。動物好き。南相馬で拾った猫のミミちゃんを可愛がっている。観葉植物、苺の栽培など。

○座右の銘

 
巧偽拙誠(こうぎせっせい)
 
 言葉巧みな偽りよりも、拙い誠実さのほうが良い。策略を弄するよりも不器用でも真っ直ぐな生きざまでいい。近年、筆者の周りで起きた不可解な出来事・現象をかんがみるとしみじみ痛感する言葉です。



※北の大地でのキタノの主な足跡



白樺山(グループ・2013.8)

イワオヌプリ(グループ・2013.8)

ニセコアンヌプリ夜間登頂(グループ・2012.8)

ニトヌプリ(グループ・2012.8)

イワオヌプリ(グループ・2012.8)

摩周岳(単独・2007.8)

利尻山(単独・2006.8)

知床岬踏破(縦走テン泊2泊3日パーティ・2005.8)

ニセコアンヌプリ(単独・2001.8)

羅臼岳(パーティ・2001.8)

礼文島、愛とロマンの8時間コース完歩(パーティ・2000.8)







HOME