県外エリアのグルメ



 番外編です。ツーリング等で県外に出た時のグルメ情報である。画像が残っていたものだけUPしています。北海道情報のみは独立したコンテンツがあるので、ここでは取り上げてません。
  もつ焼き丸昌(仙台市青葉区)

 仙台駅前のアーケード街にある居酒屋だ。昼間から営業しているのが嬉しい。就中、もつ煮込みや焼き鳥がうまし。お通しのごま油を合えたキャベツの舌触りもよし。お酒も宮城県内の銘酒が揃っているので存分に楽しめる。価格も良心的だし、飲んべいにはぴったんこなお店である。 
たんや善治郎仙台駅前本店(仙台市青葉区中央)

 ランチB定食1200円ということで、味、値段ともに申し分なしである。仙台名物の「牛たん塩焼き」の味を忠実に伝承することを旨とし、手仕込みに拘っているそうだ。人気店らしく12時前でも早くも混み合っていた。炭焼きの牛タンの塩焼きは、肉厚でスパイシーな味つけが実に食欲をそそる。麦飯とテールスープもあっという間に完食してしまった。やっぱり仙台は牛タンだねえ〜
 
  招福門(横浜中華街)

 中華料理食べ放題。アルコール類は飲み放題というわけにはいかなかったけど、押し寄せてくる中華料理の波は本格的なビュッフェなのだ。餃子・シュウマイの類いがどんどん出てきた。肉団子やショウロンポウ、フカヒレ入りスープ餃子なども皮を噛み切ると怒涛のように旨みたっぷりのスープが溢れだしてきた。予約しないと行列必至の超人気店である。
鎌倉五山本店(鎌倉市山ノ内)

 ケンチン汁って、実は精進料理だったんだ。確かに肉は入ってないけど、初めて知った。オーダーしたのは”建長そばセット”だ。ほうれん草、豆腐、コンニャク、白菜、ゴボウ、ダイコン、ネギなどを胡麻油で炒めた汁だ。里芋は、汁が濁るからあえて入れないらしい。蕎麦は、普通の蕎麦である。まあ、修行僧が食べる料理なので、大変美味いとかいう話でなく、なるほどこれが精進料理かあという感想でした。
 
  いづるや(栃木県栃木市出流町)

 キャンプ会の帰りに立ち寄った蕎麦の老舗。とにかく栃木のえらい山の中なんだけど、大変有名なお蕎麦屋さんらしい。蕎麦の店なんだけど、筆者は敢えて鰻重をオーダーする。かなりボリュームがあり、美味しかった。夏バテ予防にぴったりである。
吉野家(宮城県刈田郡七ヶ宿町)

 天ざる大盛をオーダーした。まだ12時前だったので、お客さんも1組しかおらず、すぐに天ざるが運ばれてきた。手打ちそば、コシがあって非常に美味しかった。
 
  Kitchen Ban(山形県米沢市上杉神社向かい)

 ツーリングの帰りに米沢牛が食べたくなり、立ち寄った。実にこんがりと焼かれたお肉はまさに贅沢な米沢牛の旨みたっぷりだった。また、自家製ソースが風味がよい。老舗の老夫妻が営んでいるカフェ?いや洋食屋レストランか。想像以上のステーキの味とボリュームに満足した。お値段もそれなりにします。
若葉ドライブイン(山形県米沢市大字板谷)

 栗子トンネル近くの若葉ドライブインは米沢方面のツーリングの際に立ち寄ることが多い。さて、こちらのカルビラーメンなのだが、なかなかやるのうというお味とボリュームであった。モヤシラーメンも気になっている。昔ながらのドライブインという雰囲気が漂っていて懐かしい感じの店だ。
 
  金八寿司(宮城県伊具郡丸森町)

 こちらのお寿司屋さんはライダー定食(ばら寿司)で有名だ。ふんだんに海の幸が入っていて、凄いボリューム。味噌汁も蟹のダシがよく効いて美味しい。サラダも食後のコーヒーもついて1050円。本当に良心的なお値段だった。
鍵善良房(京都市東山区祇園町)

 八坂神社近くの老舗和菓子屋兼喫茶で休憩をとった。オーダーしたのは”くずきり”だ。そのボリュームの凄いのなんの。くずきりが、手打ちうどんのように太くてコシがあった。でっかい容器に氷に漬けたくずきりが詰まっており、それをクロミツにつけて賞味する。かなり甘い。
 
平野家本家(京都市東山区

 円山公園内、創業三百年の老舗。九州から持ち帰り、京の地で育てた海老芋(里芋の一種)と献上品であった北海道の棒鱈とを、工夫を凝らして炊き合わせたのが”いもぼう”という料理らしい。京料理らしくいろいろと手が加えられていた。味はなんと表現すべきか。伝統の味?珍味?
伊達の牛たん本舗(宮城県仙台市若林区)

 眼前の炭火にて炙った牛タンはなまら美味い。味は塩と味噌を半分ずつのミックスにしてもらった。ご飯おかわり自由でボリュームも満点。小食の自分としては珍しく麦飯2杯を平らげる。テールスープもいい味出していた。 
 
  味勘(宮城県塩釜市松陽台)

 塩釜市の閑静な住宅街にある郷土料理店という感じかな。海鮮丼、ナマガキ、カキフライ等もお得なセット料金で美味しくいただけます。近くにお越しの際は是非。 
宇都宮みんみん(栃木県宇都宮駅東口店)

 宇都宮餃子の人気店にて、焼餃子を賞味する。表面カリカリ、中身ジューシーでとてもコクのある伝統の味だと痛感する。こちらのお店のメニューなんだが、焼餃子の他は水餃子、揚げ餃子のみ。あとライスとビールぐらいかな。まさに餃子一点張りの男気溢れる熱い店だ。
 
  光華飯店(宮城県角田市角田)

 どうです、このぶっとんだブラックなスープ。見た目より、塩辛さのないスープだった。そして、いい感じで豚、鶏の旨味が滲んでいる。メンマも自家製というか、このラーメンのタレを使用しているようで真っ黒だった。麺は中太やや固め。このスープにはこのぐらいの麺のコシがないとバランスがとれないのではないかと思う。この漆黒色のスープ、本当にやみつきになりそうである。後刻、少し喉が渇いたけんど、ブラック好きな筆者的には申し分なしのラーメンであった。少し、遠いけどまた訪ねてみようと思う。
 



つづく



HOME