北のサムライが1981年以来、長きにわたり乗り継いだ数々の精鋭マシン!



GS400E



 1976年まで2ストメーカーだったスズキが、社運を賭けて開発した4ストマシーンがGSシリーズ。その750に続く第2弾として投入されたのが400で、洗練されたスタイリングに、当時唯一のDOHCを採用した180度クランクのパラレルツインを搭載。DOHCならではのシャープな吹き上がりと軽快で安定したハンドリングでベストセラーとなった。1981年、自分が1番最初に所有したオートバイなので思い入れが深い。低速トルクが強く、よくホイルスピンしたじゃじゃ馬でもある。



CBX400F



 乾燥173kgのコンパクトボディに、当時クラス最高の48PSを発生する16バルブエンジンを搭載し、インボードディスクやオイルクーラーといった先進メカを満載して登場。
 ヨシムラサイクロン、セフティオートスミダのセパハン、デイトナのスタビライザー、ヨシモトのバックステップなどかなり走り屋仕様だった。S59.5、バイク同士の正面衝突で撃墜(廃車)。キタノ本人は、柔道の回転受け身をとり、かすり傷程度で「九死に一生スペシャル」な生還。対向車がセンターラインを越えて突っ込んで来るという今でも「ゾッ」とする惨劇だった。相手は重傷。このオートバイ今持ってればかなりのプレミアものの名車である。




RZ250RR



 RZ250Rから、45PS+ハーフカウルにモデルチェンジ。市販レーサーTZのノウハウを受け継ぐ水冷2気筒エンジン。
 初めての2ストだったのでいろんな面で戸惑うこともあったが、バランスのとれた完成度の高い2サイクルマシンだったと思う。この頃、気のせいか私の頭も2サイクル的な思考回路だったようだ。(笑)
 1986年、一念発起し、東京府中試験場で2回目にして限定解除試験に合格。ナナハンライダーの仲間入りを果たす。そしてCB750の購入に伴い売却した。




CB750F(C) 



 ナナハンクラスに一時代を築いたCB750Fの最終型。エンジンやフレームは先代のFBと共通だが、前後18インチのブーメランコスターや大径化されたTRAC付セミエアフォーク、リザーバータンク別体フルアジャスタブルRショック、肉抜きされたステップホルダーなど足回りを中心に大幅なポテンシャルアップが図られた。
 とにかく手のかからないよい子。逆に素直過ぎてつまらない部分も・・・。北海道10日間走り回ってもノートラブルで帰還できた。結婚により、泣く泣く手放す。




ZEPHYR1100(現有)




 ”硬派カワサキ”の頂点に立つ




2011現在もゼファーは現役だ



 カワサキ空冷エンジンとしては最大のボアに対応し、1シリンダー2プラグやデジタル点火、バックトルクリミッターなどを装備した先進の空冷パラレル4を、あのZUを意識した美しいボディラインに組合わせたビックネーキッドブームの火付け役。
 20代の終わり頃に結婚したのを機会にCB750から降りてよき家庭人たるべきと妄想してしまった。しかし、1年も経たないうちにライダー復活。ゼファーの美しいスタイルを見た瞬間、全身に恋愛電流が走り即断購入。以来、19年経った今もゼファーに乗り続けているのだ。



ZEPHYR1100の改造



■SPECミニカウル 
ツーリングの雨風対策に重宝。シールドの縁のゴム枠がすぐ外れるので、事務用バインダー3本で固定した。(ダサイ)
■ZUミラー
往年のZUに強い憧れを抱く昔の人なので、購入と同時に取り付ける。
ヨシムラサイクロン・クロームメッキ(チタンカーボン・サイレンサー付)
ちょっと(かなり)失敗!。マフラーのつなぎ目部分にストッパーがなくはずれやすい。(1999年の北海道ツーリングにて3度はずれた)またその部分がちょっとした凹凸でもすぐ地面に接触してしまう。サイレンサーの部分が高すぎてサイドバックを装着できない。問題多発!
チタンゴールド・レバー
1999年の北海道ツーリング中に立ちゴケ。純正レバーを曲げてしまったので、ついでに取り替えてみた。なかなかお洒落でGOOD!まさに怪我の功名。
デイトナ・ホワイトレンズウィンカー
純正のウィンカーが腐蝕して使い物にならなくなったので、ついでに交換。なかなかコンパクトでさっぱりだが、フロントウィンカーの電球に切り替えが無いので常時点灯はできない。でも見た目はカッコイイぞ!
クラウザ・トップバック搭載対応
ロングツーリング時における荷物があまりにも過積載で、かなり危険な状況になってきたので購入。バックよりもキャリアの方が高かった。なにせ50リットルもの溶量なのでかなり実用的で重宝している。
■サイレンサーとバックの接触防止                                        
熱でバックに穴を開けてしまうことがあったので、こんなのを南海部品で購入した。ロングツーリングにかなり有効。                           
・・・など。ざっと30万弱の改造費になると思う。(妻には超極秘!)




その他



※短期間所有したオートバイ、そして通勤専用機
(イメージ画像もあり)



XS250



 唯一所有したアメリカンスタイル。CBXの事故の後、RZ購入までの継ぎ役を果たす。高速道路にて100キロくらいのスピードでヒイヒイ言いながらも全力疾走!友人に譲る。



GSX250E



 友人からただ同然で譲り受ける。スタイルからゴキブリバイクと悪口を言われながらもTSCCを採用した頑丈なエンジンで都会の街乗りに充分対応した。ツーリングクラブの仲間に譲る。




Majesty



 成熟のベストセラー

 現在のビッグスクーターブームのパイオニアとして今なお高い人気を誇るマジェスティ。快適性を追求した装備とジェントルな走行性能は他の追随を許さない完成度へ。感動をよぶ成熟の走りを。
 少しもったいない気もするが北野の通勤専用機として、連日100キロ走行の激戦を展開。そしてまったく音を上げない実に優秀なマシンだった。2006.4、カブ90購入に伴い売却(かなり未練あり)

 ちなみに北野邸前にて撮影。
 





正面より,コロは2007秋に旅立ちました



カブ90(現有)



 転勤のため、通勤時間が大幅に短縮したことによりマジェスティを売却。そして、いずれ決行されるかもしれない冬季北海道キャンプツーリングを見据えて購入。現在も僅かながらスパイクタイヤも製造しているようだし。しかし、購入してすぐに転倒(自損)。カウルも失う。自らも大怪我をしてしまった。少しずつツーリングを実行して行こうと思っている。
   松田技研のフリーボックスを付けてみた。最大160リットルの容量まで達するので、キャンプツーリングも余裕になる。フリーボックスとは、郵政配達ボックスである。




番外編



   クルマの方の愛車・イプサム

 1999年製。一応限定車。7人乗りだが、後部は亡き愛犬コロの居住空間になっていた。本当は、ジムニーORランクルが欲しかった。家庭サービスや仕事専用と化していた。2010年2月下旬、突如エンジントラブルで力尽き廃車。
 




 2010年3月末、サクシード納車。4ナンバー・1500cc・4WD。マニュアルギヤ。後部席が倒せるので車中泊が快適である。車体のわりに排気量が小さいので、メリハリにやや欠けるかな?燃費はリッター14超。  





東日本大震災時、ガソリンが尽き、自転車の重要性を再認識し、
クロスバイク”ルノー”を常備しております。



HOME